相談室案内

代表挨拶

特定非営利活動法人神奈川県メンタルヘルスサポート協会では、精神保健専門職による相談及び査定に関する事業の一環として、さがみはらカウンセリングルームの運営を行っております。

さがみはらカウンセリングルームは、2004年に小田急相模原でスタートしました。2006年には相模大野へ移転し、以来、地域住民のみなさまへ臨床心理士や精神保健福祉士など、“こころ”の専門家が行うカウンセリングにより、自律訓練法や認知行動療法など各種のカウンセリング技法を用いて、症状軽減や問題解決を支援してまいりました。

また、心理検査を用いて性格、知能、行動特性などを客観的にアセスメントし、こころの健康の保持、増進の方向性を探ります。発達や育ちに関するご相談も承ります。

従業員支援プログラムを提供する各社と提携し、職員及びそのご家族が一定回数費用負担なくご相談をご利用いただけます。ご利用についての詳細は従業員支援プログラムについてをご覧ください。

対人援助職(医療、保険、福祉、教育、司法矯正等)の方には、資質及び技能の向上を支援するため、個人スーパーヴィジョンサービスを提供しております。


開室時間について

  午前 午後
火曜日~金曜日 10:00~13:00 14:00~19:00
土曜日・日曜日 10:00~13:00 14:00~17:00
閉室日 月曜日・祝日・年末年始


沿革

2004年03月
さがみはらカウンセリングルーム開設(小田急相模原にて)
当時は面接室が2つ、職員数は3名でのスタート
2006年03月
クライエント数ならびに職員数の増加により相模大野へ移転
2007年01月
相模大野分室の開設(2013年3月に閉鎖)
カウンセリングおよび心理検査業務に加え、薬物依存症の家族教室などを開催
2009年10月
特定非営利活動法人化
(のちに認定特定非営利活動法人・相模原市指定特定非営利活動法人となる)
2017年12月
カウンセリングルーム建屋の改築により面接室を3部屋から5部屋へと拡張、現在に至る


提携機関